藤原志保 / Shiho Fujiwara

ex_fujiwara_2020_img01.jpgの複製

ARTIST WEBSITE

​BIOGRAPHY

墨と和紙と水の間で生じる現象は尽きない興味を覚える。
子供の頃から書を学び26歳で水墨画の師匠、松本奉山に師事し4~5年墨と和紙の基本を学びました。
約40年前、山口県の秋吉台に取材旅行時、台風に遭遇し地平線すれすれに垂れ込める暗雲を目にした時、「私が表現したいのはこれだ!!」急いで神戸の画室に帰り暗雲を描きました。勢い余って紙が破れてしまった。その時思った、この破れも墨と和紙の間で生じる現象だ!それから墨と和紙と水の間での現象実験を重ね作品として発表してゆきました。平面、レリーフ、立体、空間造形へと展開してきました。

東洋独自の素材、墨と和紙の表現の可能性に、そして、芸術の神髄に触れることができ、表現できればと日々精進してゆきたい。それが墨と和紙を手掛けた私の使命だと思っております。

​藤原志保